色々な人からの祝福

知っておきたい祝電マナー

結婚式の電報は招待されたけれど欠席する場合、招待されてなくてもお祝いしたい場合などに贈ります。そのため電報のマナーには注意したいものです。まず文面は忌み言葉を避けること。ネットで注文する場合サンプル例があることも多いので、それをそのまま使っても良いでしょう。最近では披露宴で読まれることを前提にウケを狙ったユニークな文面もあります。ネットで検索するとたくさん見つかります。そして結婚式の前日には届くようにしたいですね。バルーンなどの大きなものの場合は設置などの手間もかかります。前日は会場が空いていない事もありますので、あらかじめ確認すると良いでしょう。 せっかく贈るのですから、このあたりの間違いはないようにしたいですね。

メッセージとともに贈るギフト

最近の結婚式の電報は実に種類が豊富です。ぬいぐるみ、リカちゃん人形、ガラスの靴、フォトフレーム、プリザーブドフラワーなどなどお祝いの言葉と一緒にギフトを贈るという意味合いが強くなっています。特にバルーンはインパクトが大きく、結婚式の受付などに飾ってあると目立ちますし、ゲスト同士の会話のネタにもなって良いですね。大きいのはちょっと、という場合はインテリアにもなる小さめのバルーンを、プリザーブドフラワーのようにアレンジしたものもあります。 台紙もスワロフスキーが付いたキラキラのもの、飛び出すポップアップタイプなどこれまた種類が豊富でどれにしようか迷ってしまいます。 新郎新婦の好みに合わせてお祝いの電報メッセージとギフトを選びたいですね。